信用金庫からの借入を時効援用に必要な期間を解説

信用金庫からの借入の相談

信用金庫からの借入ですが、時効援用については、注意が必要です。

というのは、通常、消費者金融からの借入は5年で時効援用になりますが、信用金庫からの借入については 10年必要です。

ただ、事業資金の融資であれば通常通り5年の時効になります。

一般的に信用金庫は個人事業者向けのサービスが多く、融資を受けた内容が事業関係であることが多いです。

過去にあったケースは車のローンです。

この場合は10年の時効期間が必要になりました。

信用金庫からの借入にはご注意ください。

ご相談はこちらへ

最後の借金返済から5年以上たっている方へ

その借金は時効の援用により返済義務がなくなっているかもしれません!
ご自身で行動されるよりも、まずはご気軽に下記事務所へご相談ください。

関連記事

養育費の時効は〇年。取決め内容で変わる時効期間と未払い時の流れ…

...

売掛金の時効を解説|債権者の対応と債務者は時効援用が必要な理由

...

過払い金の時効期間・起算点・請求可能範囲を解説

...

時効に必要な期間を借入先別に解説|信用金庫・信用組合・保証協会…

...